イタチ駆除を依頼しましょう│被害をなくすために

見える駆除作業に納得

家

イタチ被害が増えています

イタチは日本全国に分布している野生動物です。オスはメスよりも大きく体長は30センチ超あり、さらに15センチほどの尻尾があります。胴長短足で細長く、動きは俊敏でとてもしなやかです。見た目がかわいらしく、ペット用として人気のあるフェレットもイタチの仲間です。しかし野生のイタチは可愛いとしても大変狂暴なので、注意が必要です。都市部では近年チョウセンイタチが民家に棲みつき、イタチ駆除業者への依頼が増えています。イタチは3センチほどの隙間があれば、簡単に天井裏や床下に入り込めます。また垂直の壁面なども登りますので、侵入口があれば、天井裏などは彼らの格好の巣となります。素人目には侵入口を見付けることも、イタチ駆除をすることもまず不可能なのです。

見える駆除に納得です

そこでイタチ駆除のプロの出番です。こういったプロの業者は、イタチだけを専門としているわけではありません。ハト、ハチ、ネズミからアライグマなどなど、現場にいってから対象動物が判明することもままあります。駆除を必要とする様々な動物の知識を持ったプロは、まず現地調査を入念にします。被害の状況などは画像などで依頼者に分かり易く説明してくれます。普通には見えないところで起きている被害は、映像で提供されると、駆除の必要性にも納得がいきます。天井裏などは、糞尿や食物残渣でとても不衛生です。イタチ駆除業者は、駆除後の処理として、清掃、殺菌、補修をします。そして何より侵入口の閉鎖を行ないます。そういった一連の作業も画像で分かり易く説明してくれます。一朝一夕に終わる作業でないことがうかがえます。見えにくいところで行なう作業を、依頼者に可視化して提供することは、互いの信頼関係を生みます。