イタチ駆除を依頼しましょう│被害をなくすために

生態と追い出し方

男性作業員

イタチの生態

イタチは西日本を中心に生息していて、イタチ駆除依頼が盛んな地域です。食物は主にネズミで、両生類や爬虫類や鳥も食べます。ネズミを捕まえるために、住宅の屋根裏に侵入し巣を作り活動します。生活パターンは夜行性と思われていますが、近年の調査だと場所によっては昼行性のイタチもいるようです。イタチの排泄物は他の動物とは独特の臭いがし、ハクビシン等の糞よりも強い臭いがします。屋根裏から来る臭いによって、屋根裏への侵入を既に許したと気が付く方が多いです。イタチ駆除は駆除の困難性や、自治体への捕獲申請や消毒などのことを考えると、業者へ依頼することが得策です。糞の撤去や清掃は個人では気が引ける作業なので、引き受けてもらえるのはとても助かります。

個人でのイタチ対策

イタチ駆除は個人での対策も十分効果が出る場合もあります。屋根裏に箱罠を仕掛けて、好物の魚肉ソーセージや果物でイタチを引きつけます。イタチ駆除は一匹捕まえても繁殖している可能性もあるので、安心せずに再度仕掛けておくのが良いです。イタチを屋根裏から追い出す方法は、ホームセンターでイタチ用の忌避剤が販売されています。こちらを活用して追い出すことをおすすめします。またイタチは光に弱い習性があります。イタチは急に強いストロボ光を当てると、人間に発見されたと思い危険を感じて逃げ出します。屋根裏で光が当たる場所にCDをぶら下げておくと光が乱反射し、効果が高まります。イタチの追い出しに成功したら、侵入口を金属製の細かいネットで封鎖し再発を防ぐのが良いです。